水戸黄門まつり花火フェスティバル

「水戸黄門まつり花火ビッグイベント」は茨城県内水戸市で行われている全国でも有名な花火ビッグイベントだ。
水戸城の外堀の価値もこなす千波湖において花火を打ち上げています。
和風三大名園として有名な偕楽園から見分ける花火が絶景だ。
水戸黄門まつり花火ビッグイベントでは、内閣総理大臣賞受賞した10号玉花火や8号玉50連発など魅力がたくさんあります。

2015年は8毎月7日光に行われました。
打ち上げた花火は4500発だ。
国内から28万人以上のお客が訪れました。
水戸黄門まつりは、毎年8毎月の第最初金曜から日曜まで開催されています。
2016年は8毎月5日光~7日光に行われます。
花火ビッグイベントは初日の8毎月5日光(お金)に行われます。
打ち上げ始め時間は19:30、打ち上げ卒業時間は20:30だ。

2016年の魅力花火は、感じの凝った創作花火、BGMに合わせたミュージックスターマインだ。
フィナーレにはワイドスターマインが打ち上げられます。
千波湖に写る逆さ花火も魅力だ。

花火ビッグイベント今日は、2000客席近辺モータープールが用意されます。
無料の小物、一端有償のものがあります。
今日は水戸市役所もモータープールを開放していて約200客席停めることができます。

水戸黄門まつり花火ビッグイベントでは、有償観覧席はありません。
全額フリーですが、その分自分でダグアウトを確保しなければいけません。
毎年30万人ほど近いお客が国内から訪ねる有名な花火ビッグイベントなので、所受けとりも激戦だ。
おすすめのお気に入り界隈は、千波湖の北側ゾーンだ。
花火客席内でさほど空いているゾーンだ。
水戸サウスタワーもおすすめです。
タワー内にはレストランがある結果、ランチをしながら花火を見極めるのもおすすめです。
レストランならば席用意ができる結果、事前に予約しておけば花火をゆっくりと楽しむことができます。走行距離は1年1万㎞を目安に